伊勢原の山で活動するゆる~いブログ

伊勢原虫送り2017!~豊作祈願を願って~

LINEで送る
Pocket

こんにちは。日本中が猛暑に見舞われていますね!数年前までは30℃でも暑いといっていたのに、いまや35℃もしょっちゅう超えています。

そんな暑い夏ですが、その暑さを超すイベントが今年も伊勢原にやってきました!そう。「虫送り」です。⇒昨年はこんな感じ

昨年は田んぼの畦(あぜ)の横面のみに竹灯籠を設置しました。今年は縦の部分にも設置することに決まりましたので多くの竹が必要になります。その数300個以上。

こんな感じに作っていきます。ちなみにこの竹は伊勢原のご近所様の竹林から伐採したものを使っています。

竹灯籠には、ロウソクを入れて火を灯すので、竹の中心にインパクトでネジを打ち込み、そのネジにロウソクをくるくると回して固定します。

竹灯籠をきれいに見せるためには、等間隔に置く必要があるので目印を付けました。

これでひとまず竹灯籠の準備は完成です。

次に松明の製作に入ります。

松明の長さは2m以上になるため、作るのは大掛かり。
まずは基礎となる竹を用意し、先端部分を割いて広がるようにします。

その割いた部分に稲藁や枝の切れ端を詰めていきます。

そうすると、ご覧のように松明ができます!

昨年は1体?1本?しか作らなかったのですが、今年は3体も作りましたよ^^

いよいよ虫送り2017が開催

まずは恒例の理事長の開会の挨拶です。いや~しかし天気が良くて安心しましたね。火を使うので、万が一雨が降ってしまったら全部消えて、というかそもそも火が付きません。

そうすると虫送りは全くできなくなってしまいます。でも、今年も昨年同様、無事に晴れてくれて問題なく虫送りを開催することができました。ありがたいことです。

まずはタンコロストーブに火をつけ、その火から松明に火を移しました。

それから小さい竹灯籠のロウソクに火とつけて、所定の場所へと運んでいきます。この作業のメインは幼稚園児たちです^^

う~んなかなか良い写真がありませんでした・・・。太鼓をずっと叩いていたので写真はほとんど撮れていません^^;開始当初はまだ明るいので、パッとしませんが、暗くなってくると徐々に雰囲気が出てきます!

明るいけど~

暗くなってくると~幻想的な空間が生まれます(写真が・・・)

今年も無事に虫送りを終えることができました。
神奈川新聞さんなどもいらっしゃって記事にしてくれました。⇒カナロコ

帰りのラジオでもFM横浜さんが「伊勢原で昨日虫送りが開催されました~」と言ってました。MC(北島さん?KANAさん?)が来年こそは行ってみたいと言っておりました!ぜひお越しください^^

一晩明けた田んぼからは、虫の声が聞こえなくなった・・・かな^^?

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です