伊勢原の山で活動するゆる~いブログ

広葉樹を植えて混交林化させ、豊かな森を再生させようプロジェクト(前段階)

LINEで送る
Pocket

どうもこんにちは!

更新が遅くなって申し訳ありません。

 

次週は3月。

早いですね~今年ももう6分の1は終了です・・・。

さあ2月最後の活動日!いってみましょう!

 

今回の作業は、2週間後の3月8日(日)に広葉樹を植えるためのスペース確保となりました。

具体的には枝払いしたたんまりある枝を片付ける作業です。

枝の山

まあこんな感じに枝の山がゴロゴロあるわけですよ。

広葉樹を植えるところに枝があると邪魔なので、「囲い」(後述)の外へ移動となりました。

 

バックホーがあれば簡単なんでしょうけれど、この場所までバックホーで入ってくるのは大変ですし費用も相当かかりますから買えません。いや、もしかしたら買うお金はあるかもしれませんが、ほとんど飲み会代とスナック代に消えてしまうのです。

 

さて、枝はお互いが絡まってしまっているので、手作業で山から下ろすには一苦労です。

ということで、毎度の「ひっぱりだこ」に活躍してもらいました。

ひっぱりだこで枝を引っ張る

実はこの作業している場所は鹿対策のため、囲い(写真の右下に見える木で)をしてあるのです。で、この囲いの高さが2m以上あるので、ひっぱりだこの支点の高さを高くしてやらないと枝が囲いを越えてくれません。

 

ただ、この枝が厄介で囲いに引っかかって上にあがらなかったり、囲いを破壊するなどいろいろアクシデントを起こしてくれましたw

 

DSCN7246

山に住んでいる人にとっては枝は良い薪ストーブ等の燃料となり使い道があるのですが、間伐する人にとっては問題児ですね。チッパリーナを持ってくれば良いのでしょうが、持っていけないところだとどうしようもありません。腐って土に戻るのもずいぶん先になるでしょうし。

 

ということで、間伐するならはじめからどこに何を置くか計画してやったほうがあとあと楽ですね!

 

手作業である程度枝をまとめて、

枝を集める

ひっぱりだこで、囲いの外へ出します。

ひっぱりだこ

囲いの外に重ねて、

枝を重ねる

広葉樹を植える場所はこの通りきれいさっぱり!

植林できるようになった

 

これで再来週、安心して広葉樹を植えることができます。

なんせ、また幼稚園児がたくさんきますからね!枝は長いのがあるとかなりの凶器になりますから、そういった安全を確保する意味でも枝を片付ける必要性はあります。

 

 

【本日のお昼】

鉄板で焼きそば

上にはたっぷりの千切りニンジンです。

歯ごたえがあってうまい!ペロッと食べてしまいました!

やきそば

 

今回写真をもっと撮ったはずなのですが、どうやら消してしまったらしく少ない枚数になってしまいました(笑)

 

さあ、次週はキノコの植菌です。

「えのきだけ」や「ヒラタケ」をやる予定です!

ボランティアは随時募集しておりますので、お気に入りのがありましたらお問い合わせ下さい~。

 

あ、飲み会代やスナック代はもちろん個人のポケットマネーから出てますから勘違いしないでくださいね( ̄∇ ̄)

LINEで送る
Pocket

2 thoughts on “広葉樹を植えて混交林化させ、豊かな森を再生させようプロジェクト(前段階)

  1. なっちゃん

    バックホーがあってもアタッチメントがないと林業機械にはならないんじゃないの。グラップル、プロ

    セッサ、スイングヤーダとか。それにフォワーダ。やってみたいけど高密度路網が先だね。やってみ

    たい四万十(しまんと)方式NPO版。

  2. なっちゃん

    バックホーがあってもアタッチメントをつけないと林業機器にはならないよ。グラップル、プロセッサ、

    スイングヤーダとか。その前に高密度路網も整備しなくちゃ。若手がやる気を出す大変。ヒト、モノ

    カネ、どれが抜けてだめ。あー忙しくなってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です