伊勢原の山で活動するゆる~いブログ

2016年お疲れ様でした。伊勢原日向で2017年も元気に活動していきますよ。

LINEで送る
Pocket

あけましておめでとうございます。
2017年になってしまいました。

12月も更新しようと思ったのですが、なんとwimax(ネット通信機器)の容量オーバーとなってしまい、何もできなくなりました。速度制限されると何もできないことがわかりましたので、これからは使い放題にプラン変更しようと思っています・・・。

さて、話がまったく関係無いのでNPOのお話をします。

初回は多くの会員が集まりました

当NPOは年齢の高い会員が多いため、一人くらい減ってるかと(新年早々申し訳ございません^^;)のですが、今年も皆で顔合わせとなりました。

年明け早々14人もの会員が集まりました。14人のうち5人は若手です。
こう見てみますとメンバー平均年齢がだいぶ下がってきましたね!

女子大生もいますよ~( ̄▽ ̄)

2016年の振り返り

昨年2016年を振り返ってみると、1~4月には「石雲寺の森」の間伐を行い、広葉樹の苗を植えました。
保育園児たちも張り切ってくれました。
google earthで見てみると、

sekiunji-mori

この通り、間伐した箇所がしっかりと表示されています。膨大な森の中の一部分かもしれませんが「千里の道も一歩から」ということで少しでも間伐していくことが大切です。

2月にはお味噌づくり、3月には業務拡大?のためにコンテナ増築作業をしました。
このころには田んぼにたい肥を蒔き、稲作の準備に取り掛かりました。

ヒラタケの植菌もこのころに行います。こうしてみてみるとやっていることが盛りだくさんですねw
そうそう。ヒラタケと言えば最近知ったのですが、霜降り牛ならぬ霜降りヒラタケなるものがあるのですね!

これを伊勢原の名産にしてみても面白いかもしれません。なんせネーミングが良いです!

5月から、お米オーナーのために田んぼの整備が始まります。泥リンピックなるのも開催され、子供だけでなく大人も泥だらけになりました^^

宝探しも行われ、景品はNPOで作られた炭や野菜でした。美味しかったでしょ?

6月には東京農大で森づくりフォーラムが行われ、そこで知り合った方々が7月にはNPOにやってきました。ドイツ人の方も来ましたよ。

7月の終わりには「虫送り」のイベントが行われました。竹灯篭の灯りが幻想的で子供たちも感動的だったことでしょう^^タウンニュースにも載りましたね。

8月は野菜作り、収穫がメインでしたが相模大野で行われた県民フォーラム「おしえて・話して!かながわの森と水 in 相模大野」に参加しました。他のNPOの活動内容を知ることもできました。そういえば、収穫した野菜を配りもしましたねw

9月は直売所を設けて野菜などを売りました。規模が大きくなり日向地方の「道の駅」ができればこれまた活性化して人の往来もより増えそうです。数年後にはもしかしたらできているのかもしれません。

10月には新しいたい肥場を作りました。たい肥場を作ると、毎年多くのカブトムシがそこで産卵するようで、さなぎが気持ち悪いくらい取れます^^;これもどうにかすれば何かのビジネスにつなげられそうですね~。ビジネスにしなくても人は集まりそうです!

11月は収穫祭が行われ、みんなで育てたお米を食べました^^今年は豊作のためおこぼれをもらうことがきました。食べてみると甘くて本当に美味しかったです。

日向薬師の落慶が行われてとても多くの人が日向地方に訪れました。これはチャンスということで直売所を再度も設けました。ご近所の方が育てている白菜やキャベツが爆発的に売れました。なんせこのころスーパーでは1個1000円とかになっていましたからね。ここでは200円くらいで売っていました。そりゃあ売れるでしょうっていうね^^

12月はオーガニック食品を扱うGAIAさんのところで、これまた直売所を設けていろいろと販売させていただきました。

2016年をザックリと振り返ってみました。もちろん他にも、他の場所の間伐をやったり、竹林の間伐をやったり炭を作ったり、etc…..
とやってきました。ここで上げたのは主に今年初めてやった取り組みです。こうしてみてみるといろいろな新しい取り組みをしています。

2017年はどうなっていくのか?

すでに年が明けて1ヵ月近く経ってしまいましたが、今年も新たな取り組みがありそうです。活動を継続していると他所からいろいろとお声がかかります。地元の方や、市から「これこれをやって欲しい」ってな感じです。

これらの期待に応えていきますと、また他所からいろいろな声がかかってきます。物事はこうやってドンドン拡がっていくんですね。目の前でこういったことを見られるのは面白いものです。また、さらに面白いことに拡がっていくと同時にちょうど良い人材がその時に現れるんですね。不思議なモノです。

2017年は具体的にどうなっていくかはわかりませんが、新しい取り組みが増えていくことは間違いないでしょう。と同時にまた新しい会員が増えていくことでしょう。

ということで、今年もNPO法人伊勢原森林里山研究会をよろしくお願い致します。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です